運動

ペースに合わせた老犬期の運動

手入れと運動ペースに合わせた老犬期の運動 はコメントを受け付けていません。

ミニピン老犬老犬期の運動はミニピンのペースに合わせて行うことが大切です。歩くのが遅くなったとか、部屋の中でも走り回らなくなったといって、運動させないのは良くありません。

散歩に連れて行かなくなると、食べるだけが楽しみになり肥満となって、不健康な体になってしまいます。

のろのろとでも歩くようであれば軽い散歩に連れ出しましょう。日光を浴びさせ外気に触れることでストレスを発散することができます。

早いペースで歩く必要はありません。ミニピンの歩くペースでついて歩いてあげたり、散歩の時間を短くしたりと調整してください。

また歩くのを嫌がるようであれば無理に連れ出す必要もありません。部屋の中で自由に歩き回れる時間を取って少しでも運動できる環境を作ってあげてください。

長期間歩くのを嫌がっている場合は、犬用のベビーカーなどを利用して外気に触れさせ、日光を浴びさせることも大切です。ミニピンの寿命は短いものです。

大切な家族ですの歩かなくなったとしても、ゲージに閉じ込めておくだけでなく、一緒に遊んであげる時間を作ってあげてください。

犬

オススメグッズ
老犬・高齢犬向け介護用品、車イス、床ずれ予防パッド、歩行補助ハーネスなど


成犬期の運動 

手入れと運動成犬期の運動  はコメントを受け付けていません。

ミニピン成犬ミニピンの成犬に必要な運動量はミニピンの個体差にもよりますが、朝夕30分程度を目安にミニピンの状態に応じて運動させるようにしましょう。

部屋の中での自由運動、散歩、ドックランや広場などでの自由運動を組み合わせて、毎日運動させてあげてください。

散歩はリードを付けて単に歩くだけでなく、緩急をつけた歩き方で健康増進とつながるようにしましょう。部屋での自由運動は、散歩のあと、しずかに落ち着いているようであればあまり必要がありません。しかし元気でまだ遊びたがってようであれば、一緒に遊んであげてください。

元気が有り余ってるようであれば部屋の中でも自由にさせておいてかまいません。その場合、ミニピンの危険になるようなものを置かないことと、走り回っても滑らない板の間などの環境を作ってあげるのも必要です。

ドッグランや広場などでの自由運動はミニピンには最適な運動です。一緒に走ってあげたり、ボール遊びをしたり、他の犬がいる時は一緒に走り回ったりして、自由に遊ばせてあげましょう。小型犬の中では非常に足がはやく、日常走ることがない環境にいる場合には、できる限り自由に走らせてあげてください。

ドッグランなど囲いがついたところならあまり問題ないですが、広場など道路と面した部分がある場合は、急に飛び出さないように注意が必要です。また飛び出そうとした時には、「マテ」や「オイデ」がきちんと聞けるように、しっかりとしつけておくことが大切です。


適切な運動量は

手入れと運動適切な運動量は はコメントを受け付けていません。

ミニピンの運動ミニピンの一日に必要な運動量は、ミニピンの年齢や体格などの個体差によります。

一般的には30分程度の散歩が必要と言われていますがこれは目安です。運動量が足りているかどうかは、まず30分程度散歩して家に帰ってきてから水を飲まして落ち着いた状態にします。

その後じっとしているようであれば運動量が足りています。しかし家に帰ってきてからも元気で走り回るようであれば運動量が少し足りません。

もう少し運動量を増やす必要があります。ドックランのようなところで走りまわらせるか、散歩の距離を増やすなどして調整する必要があります。

ミニピンの健康を保つには、バランスのとれた食事と程度な運動が大切です。飼い主が忙しいからといって散歩や運動を短時間で切り上げるのはもってのほかです。

大切なミニピンが運動できる環境を整えるのは飼い主の責任です。適切な運動量は飼い主が決めるのではなく、ミニピンが教えてくれます。


散歩の時は寄り道をさせない

手入れと運動散歩の時は寄り道をさせない はコメントを受け付けていません。

ミニピンの散歩ミニピンの散歩で注意することは、草むらに入れないことです。草むらにはダニやノミなどが多く、これらが付くとなかなか取れないばかりか、皮膚病などにかかる恐れがあります。また他の犬のフンなどがついた場合に伝染病を移される可能性もあるからです。

散歩する場合はリードを横に持ちまっすぐに歩かせるようにしましょう。リードを引っ張って飼い主を無視してミニピンが好き勝手なところに引かれて行くのは散歩としては失格です。

ミニピンは嗅覚が非常に発達しているため、道にあるさまざまな臭いを嗅ぎたがります。電柱や道端の他のわんちゃんのオシッコの臭いや落ちている食べ物の臭いなど、ミニピンを誘惑する臭いがたくさんあると思います。そのためミニピンがまっすぐ歩くのは非常に難しいことです。

しかし電柱の排せつ物から病気をうつされる可能性があることや、拾い食いしてお腹をこわすことを考えると、きちんとまっすく歩かせて十分な運動をさせることが散歩には大切なことです。

部屋で飼う事の多いミニピンです。きれいな状態で散歩させるのは、体や部屋を汚さないだけでなく、ミニピンを病気などから守るためにも、寄り道させずにまっすく散歩させることが重要です。


散歩の時間帯

手入れと運動散歩の時間帯 はコメントを受け付けていません。

ミニピンの散歩時間ミニピンの健康のためには散歩や運動が大切です。しかし散歩は毎日決められた時間に行く必要はありません。

毎日決められた時間に散歩する習慣をつけると、散歩に行く時間になると吠えたり暴れまわって、散歩をせがむようになります。

習慣になった場合、散歩に行かないことがあるとミニピンもストレスとなります。決められた時間ではなく、朝夕各20分づつなどと余裕を持った間隔でいいでしょう。

また季節によって散歩の時間帯も限られてきます。夏場には道路が熱くなる前の6時頃や、アスファルトの熱がさめる20時ごろが散歩にはベストな時間帯です。

ミニピンは暑さに強いわんちゃんですが、真夏の日中の焼けたアスファルトは歩けるものではありません。また照り返しのキツイ時間帯も日射病や熱射病などの恐れもあります。

冬場は特に寒さに注意してあげましょう。ミニピンは寒さに弱いわんちゃんなので、冬の早朝はさけ、少し暖かくなった午前中や、夕方も日が落ちない時間帯に散歩するようにしましょう。

それでも寒そうな日はわんちゃん用の防寒着を着せてあげて出かけるようにしましょう。

また、雨降りや雪の日などの荒天の日には無理に散歩する必要はありません。そのかわり室内で余分に遊んであげてください。

荒天が続いて散歩がなかなかできない場合には、室内のドックランなどを利用して十分運動できる環境を作ってあげてください。


子犬の頃は飽きない程度の運動で充分

手入れと運動子犬の頃は飽きない程度の運動で充分 はコメントを受け付けていません。

ミニピンの遊びミニピンが外出するようになり、徐々に外の環境に慣らすことで、散歩の楽しさを知ってもらいましょう。

最初外出したての頃は、特に散歩の時間を決めずに自由に歩かせましょう。しかし子犬の頃は骨格もしっかりとできていないので、あまり長い間散歩していると疲れていまいます。

疲れないように最初は5分程度、外気に触れ日光を浴びさせる程度でいいでしょう。

その後1-2か月経って散歩に慣れたころから、家からの距離を延ばしていきます。それでも10分程度を目安にやはり疲れさせないようにします。

散歩の楽しさを知ったミニピンはなかなか家に帰りたがらないこともあります。しかし、体力のつく頃まであまり長い間遊ばせすぎないようにしましょう。

また階段などから飛び降りたりして骨折などをさせないように注意しておくことも大切です。

部屋の中で遊ばせることもいいですが、遊び盛りの頃は板の間ですべっても走り回るほど元気です。すべる板の間はミニピンが足を痛めることもありますので、その場合は専用のワックスなど塗ってすべらないようにしておいてください。

ドッグランや広場などでの運動は、他の犬がいる場合、ミニピンが小さい間は追いかけまわされることもあります。他の犬への恐怖心を持たすことにもなりますので注意して遊ばすようにしてください。


散歩はリードに慣らしてから

しつけと飼い方散歩はリードに慣らしてから はコメントを受け付けていません。

ミニピンのリードミニピンに限らずわんちゃんを散歩に連れていく時にはリードが必要です。

リードを付けずに表に出すことは、交通事故につながったり、犬嫌いな人への迷惑など、さまざまな問題を起こす可能性があります。どんなに飼い主の命令を聞くミニピンでもリードを付けた散歩を行ってください。

ミニピンの外出は2回目の予防接種を済ませた後、免疫ができるころ(生後4か月頃)がよいタイミングです。ペットショップで子犬の頃に購入したミニピンなら3回目の予防接種後です。

この初めての外出までにリードを付けても嫌がらない練習をしておきましょう。最初は部屋の中で遊んでいる時に首輪をつけることからはじめてください。

最初は首輪をつけると嫌がります。首輪を取ろうとするかもしれません。しかし首輪をつけたまま遊ばせるようにしてください。数日もすると首輪に慣れてきます。ただし寝る時は首輪を外してあげてください。

そして首輪になれたら次はリードを付けてみましょう。リードをつけたまま遊ばせたり、軽くリードを引いて部屋の中を歩かせたりするようにしましょう。リードを付けても気にならないように慣らしておいてからが外出できる最低条件だと覚えておいてください。

犬

オススメグッズ
ひっぱり防止、多機能リード、2頭引きリード、ハーフチョーク、革製など
首輪icon / リードicon / ハーネスicon