手入れ

歯の手入れ

手入れと運動歯の手入れ はコメントを受け付けていません。

ミニピンの歯の手入れミニピンは、食べ物を食べる時はあまり咀嚼をしません。硬い食べ物は噛み砕いたらすぐ飲み込んでしまいます。柔らかい食べ物なら、丸のみしてしまうわんちゃんです。

そのため歯の手入れは人間ほど重要でないように思えます。しかし食べ物によっては歯にこびり付きやすものをあげたりすると、やはり人間と同じように歯石がついたりすることもあります。

ミニピンによっての個体差がありますが、なかには歯石がこびりついて歯が黄ばんだり歯茎が赤黒くなる場合もあります。

悪くなれば人間と同じように虫歯や歯肉炎、歯槽膿漏などを引き起こす恐れもありますので、注意が必要です。毎日、食事を上げる時に口元をみて歯の状態をチェックすることも忘れないでください。

歯の手入れはミニピンが子犬の時から行うことが必要です。まず口を開けても嫌がらないようにします。口を開けてもいやがらないようになったら、ガーゼを指に巻いて歯を軽くこすりながら歯石を取っていきましょう。犬用の歯ブラシも売っていますので、それらを使ってもかまいません。

歯石がこびりついて取れなくなったら、動物病院に行って診てもらうしかありません。口を開けるのをいやがるミニピンは全身麻酔してから歯石を取ることになりますので、できれば子犬の頃から歯の手入れができるようしつけておき、毎日人間と同じように歯のブラッシングなどの手入れを行っておいてください。

手入れ嫌いにならない方法


爪の手入れ

手入れと運動爪の手入れ はコメントを受け付けていません。

ミニピンの爪手入れミニピンを部屋で飼う人は多いと思います。部屋で飼っていても散歩や外での運動が足りていれば、爪は自然に摩耗していつもベストな長さになっています。

しかし外での運動量が少ない場合、爪は伸びすぎてしまいます。板の間を歩いているとカシャカシャと音がするのは爪が伸びている証拠です。

爪を切らずにほおっておくとミニピンの爪は丸まってきてしまい、巻き爪となって肉球をキズつけてしまうこともあります。爪がどの状態がベストなのかを覚えておいて、長くなったらすぐに切ってあげてください。

ミニピンの爪を切るのには犬用のネイルカッターを使います。人間用の爪きりでも問題ありませんが、切りやすいのは犬用のネイルカッターです。

爪を切る時に気をつけないといけないのは、ミニピンを怖がらせないことです。ミニピンは体を触られてもいやがらなくても、足や指先を掴まれると嫌がることがあります。

子犬の頃から足や指先をつかまれてもいやがらないように練習しておく必要があります。

爪きりする時には痛い思いをさせないことが大切です。一度痛い思いをすると爪を切ろうとしただけでも嫌がって興奮します。

そして気を付けるのが深爪をしないことです。深爪をすると血管を切ってしまい出血します。切る前にきちんと血管の位置を確かめたうえで切ってください。爪を切る時には止血の準備をしたうえで切るようにしてください。

やはり自分で切るのがこわい方は、ペットショップで切ってもらうようにしましょう。

手入れ嫌いにならない方法


耳の手入れ 

手入れと運動耳の手入れ  はコメントを受け付けていません。

ミニピンの耳手入れミニピンは断耳して耳が立っている場合と、断耳しなくて耳が垂れた状態の場合があります。

耳が立っているミニピンは外気が触れて乾燥しやすいのであまり汚れがつきにくいです。しかし耳が垂れたミニピンは耳の中が蒸れやすく汚れが付きやすいので注意が必要です。

まず、耳の中を見て、汚れが付いているようであれば綿棒かカット綿などを使い拭くようにしてください。

その際乾いたままこすろうとすると耳の中を傷つけることもありますので、水などで湿らせてから軽く拭くようにしましょう。ミニピンの耳の中の皮膚は薄く敏感です。決して強くこすらないように注意してください。

後ろ足で耳を掻いたり、首を振ったりしないかを注意深く観察しましょう。そして耳の中の臭いをかいで異臭がしないか確認しましょう。

異臭がしたり耳を頻繁に掻くようであれば病院に連れて行ってみてもらうようにしましょう。

手入れ嫌いにならない方法


手入れ嫌いにならない方法

手入れと運動手入れ嫌いにならない方法 はコメントを受け付けていません。

ミニピンの手入れミンピンの手入れは、子供の頃から手入れをやさしいすることで成犬になってからもいやがらず手入れすることができます。

子犬の頃の手入れは毎日行う必要がありませんが、成犬になった時の手入れのための練習として、行うようにしましょう。

手入れを嫌がらないように練習することは、手入れだけでなくミニピンの健康をみたりケガなどの手当てをするうえで役立ちます。

ブラッシングなどの手入れは、ほとんどのミニピンはあまり嫌がることはありません。しかし中には手入れすることは分かるだけで嫌がってにげてしまうわんちゃんもいます。

手入れ嫌いなミニピンになる理由ですが、ほとんどが子犬の時に手入れにおいていやな経験をしたことがあるのが原因のようです。

例えば、手入れの仕方が乱暴で怒られたこと、手入れ中に痛い思いをっしたこと、シャンプーの時に嫌な思いをさせたなどが考えられます。

つまり子犬の頃の手入れにおいて嫌な思いをしたことによって、「手入れ=嫌なこと」という記憶を植え付けてしまったことが手入れ嫌いミニピンになってしまったと原因なんです。

そうなってしまえば、手入れ道具を見ただけでも、シャンプーのためにお風呂につれていこうとするだけでも、嫌がってしまいます。

手入れ嫌いにならないためには、子犬の頃より乱暴な手入れせずに、いっしょに遊んであげるという姿勢で手入れの練習をすることが重要です。

また日頃からどこを触ってもいやがらないよう、やさしく撫でてあげるようしておくことも大切です。