ミニピン(ミニチュアピンシャー)好きな人のための、しつけ、飼い方、手入れ、運動、食事など、ミニピンに役立つことを紹介しています。

ミニピンのしつけ・飼い方

下痢と嘔吐

更新日:

ミニピンの嘔吐ミニピンは特に子犬の頃には、なんでも口に入れたり噛んだりします。しかも粗食をせずに飲み込んでしまうので、食べ物以外でも口に入ればそのままお腹の中まで入ってしまいます。

食べ物以外や毒性のあるものを飲み込んだ時は、嘔吐や下痢をすることがあります。食べてはいけないものを飲み込んでしまったことを飼い主が見ている場合には、病院につれていくなどすぐ対処できますが、下痢や嘔吐の症状だけだと原因がわかりずらいものです。その場合はミニピンをじっくり観察し早めに適切な対応をしてください。

●下痢
ミニピンが下痢になる原因はいろいろとあります。まず食事の問題や栄養面の問題、寄生虫やウイルスなども考えられます。

下痢をしているからといって元気に走り回っているのであれば、食事を与えずに半日ほど様子をみてください。その際水は脱水症状にならないようにいつもどおり与えましょう。

元気にしているようであれば、少量の食事を与えてみて様子をみましょう。便がいつもの状態であれば心配することはなく、元に戻しても構いません。

下痢が続くようであれば病院に連れて入れていきましょう。その際も便に血が混じっていないかなども確認することが大切です。

●嘔吐
嘔吐していてもミニピンが元気なようであればあまり心配はいりません。嘔吐してぐったりしている場合や、嘔吐物に黄色に胆汁が混ざる場合は腹痛を起こしている可能性があります。

また嘔吐が続くようであれば病院に連れて行きましょう。食べ物以外の異物や毒物を飲み込んだのが分かっている場合には、病院で獣医師に報告することが重要です。

また庭の植物などを飲み込んだ場合、毒性のある植物もありますので、それらも分かっている場合はかならず報告しましょう。

庭やベランダなどで観賞用に育てているどこにでもある植物でも犬にとって毒性のある植物もありますので、注意が必要です。

-食事と健康
-, , ,

Copyright© ミニピンのしつけ・飼い方 , 2017 AllRights Reserved.